蛍を見に行った時にSUVの実用性に驚いたのが購入のキッカケ

スポーツカー至上主義でずっとスポーツカーしか購入してませんでしたが、以前友人の車で出かけた時にSUV車の凄さに驚きました。

出かけたのは、とある郊外の蛍の里です。
友人同士で出掛けたんですが、蛍が見れるだけあって郊外といっても相当田舎の場所で土地勘もありません。
恋人と出かけるにしても一度下見をしておいた方がいいと考え、友人の車で連れて行ってもらいました。
蛍の里まで車で出かけたわけですが、駐車場は堤防沿いの道から川に降りて河川敷にありました。
蛍が見れるのって梅雨前のわずかな期間ですし、時間帯も日が暮れてからですし遅くまではやってません。
当然駐車場は大混雑、照明はほとんどなくて周囲は真っ暗、入るのも出るのも車を停めるのも大変でした。

SUVが凄いと思ったのは普通車と車の底が高い位置にあるのと、視点の高さです。

ここの駐車場は普段はたたの川原で臨時駐車場的なもので、車高の低い車だと底が擂りそうな所が沢山ありました。
実際ただでさえ狭い道路や駐車場なのに、普通は蛇行して通ったり通れず回り道をしてた程です。
この時乗ってた友人の車はハイラックスサーフというSUV車でしたが、悪路をものともせず走れてるんです。
しかもちょっとした坂道なら乗り越えていけるので、普通車だと通れない悪路を通ってショートカットし超混雑してる駐車場からアッサリ抜け出ることが出来ました。
しかも車高が高い為に視点も高くなって見通しが物凄く良いんです。
SUVがここまで運転しやすい車だったとはと驚き、SUV車を購入することを決意しました。

購入したSUV車は三菱パジェロ、3.0ロングエクシードで年式2007年式、走行距離は6万kmです。
走行距離の多さは気になりましたが、パジェロクラスのSUVが約150万という値段だったので迷わず購入しました。
車高が高くて悪路も平気、といってもパワーがないと悪路を乗り越えていくことも出来ませんし、どうせ買うならこのクラスをと思ったわけです。

実際パジェロほどパワーがあると、少々の悪路も簡単に乗り越えていけますね。
その分車に泥汚れも多くつきますが、SUV車にとって泥汚れは勲章みたいなものだと満足して乗ってます。

なぜ日産エクストレイルを選んだのか

☆エクストレイルを選んだ理由

3年前に新型日産エクストレイルが発売されました。旧型と比べると外見は少し丸くなったような感じで、車内は3列シートとなり、エクストレイルとしては初の7人乗り車両となりました。私が最もこの新型エクストレイルに惹かれたのは、7人乗りであることと、外見がカッコいいことでした。また、よくレジャーや遊びで遠くに出かけることが多かったので、遠くに出かけてた際に運転しても疲れにくく運転しやすい車が欲しいと思い、クルーズコントロール機能がついている新型エクストレイルを選びました。

☆購入して良かった点

購入してからもうすぐ3年経ちますが、とても順調な走りをしてくれます。機能としても充実していて、車内のすべてのシートが防水シートとなっており、汚れにくく何か飲み物をこぼしてしまったときでもすぐに拭き取れます。運転席と助手席には背もたれにヒーターが内臓されており、冬季は冷えますので、とても暖かく、快適です。

排気量としては2,000ccですが、エンジンが日産の最新技術によりとても高機能となり、他の車に劣らないパワーを持っていて、遠出するにも十分な走行をしてくれます。また、四駆の車両としては、嬉しいことは、燃費が良いということです。街乗りでリッター約11km走ってくれて、高速遠出した時にはリッター約16キロ走ってくれます。これはお財布にとても優しい車と言えるでしょう。エクストレイルは四駆の車両ですが、四駆モードと二駆モードの切り替えができるレバーがあり、いつでも切り替えが可能です。私は街乗りのときは二駆で走行し、遠出をする際には四駆と場面によって切り替えています。

エクストレイルにはライバル車が何台かあると思いますが、どんな四駆の車よりも、私はこのエクストレイルを選んでとても満足しております。

☆購入して悪かった点

悪い点は、ほとんどないのですが、欲を言えばもう少し値段を下げてほしいと思ったぐらいですね。

コメントは受け付けていません。